ブログランキング

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機巧童子ULTIMO 第12幕 感想

機巧童子ULTIMO 第12幕 『人世天滅亡』

――――第一部


『完』


あまりの衝撃に正直感想を書ける状態にない・・・

大和とウルティモが引き起こすという"世界の終わり"
それが避けがたい未来だということは分かっていた。
だから最後の一コマは予想ができた。
第一部。終わり方は予想が付いた。
しかしそこに結び付くまでのプロセスはあまりに・・・・・・無情

まだ武井宏之という漫画家を私は分かっていなかった。
仏ゾーン、マンキン、ユンボルと追ってきたがこの衝撃は初めて。脱力感すらうずまく。


エコさんとレグラの合体"神猿(ゴッドレグラ)"・・・!!
冷静さを欠く大和を止めるべく出陣!!
――――刹那、胸を貫く刃に停止。

次に出陣のゴーグ。
出陣前に"霊"を抜かれ停止。

気付けばスロウも斬首。

さらにセルヴィスも捕縛。メチャエロイ

そしてソピアも頭を潰される。

六波羅蜜、パルドネを抜かし全機制圧。
それも一瞬で。瞬く間に。唖然。愕然。驚嘆。
言葉が出ない・・・まさに 『?』

六波羅蜜を制圧したのは悪の童子"七つの大罪"の残り。
悪は善よりも強い。その立証か。あまりにも呆気ない。

百機回向。このままでは世界が終わる。
勝つのは悪。しかし悪の殿は終わりの世界に何を望むのか。

『それはもう、新世界の神になるしかないじゃない』

支配とは悪か。破滅とは悪か。
しかしもはや善に為す術などなく・・・

パキャ・・・潰されるレグラの"霊"
ドッ・・・首をかっ斬られる善の殿勢
グシャ・・・頭を完全に潰されるソピア
パキャ・・・潰されるゴーグの"霊"
ドッ・・・体を裁断されるパルドネ
ブチッ・・・体を引き裂かれるセルヴィス

――――善童子、善殿、完全死。

もはや状況の整理がつかない大和。
たたみかける悪夢。思考が追いつかない。

『何故そうなる
オレにはこんなに力があるのに
地球全部の時間を戻せば今起きた事だって何もなかったことに出来るんだぞ』


そして始まる世界崩壊。
これは大和が時間を戻そうとしたからかな?

その様子をダンスタンとミリューは高みの見物。

『ここからが百機回向なのだよミリュー
「善」とは何か、「悪」とは何か
繰り返す時の果てに二体の機巧童子は真の決着を得る』


―――――第一部 『完』


・・・・・・な、何だコレ・・・
善童子はウルティモを残して全機破壊・・・
ああ・・・パルドネ・・・セルヴィス・・・涙
マンキンの頃はその世界観のおかげで人が死のうとも心を無駄に揺るがさずに済んだのに・・・
この世界では死は死・・・破壊は破壊・・・
どうすんのコレ・・・?
次回から第二部だけど・・・え?・・・どこから始めるの??
そしてパルドネとセルヴィスの出番はこれで終わり・・・???
なんかもう・・・衝撃の連続に押しつぶされて無気力になってしまった・・・

第二部・・・どうな展開が待ってるんだ・・・これ以上の衝撃には耐えられそうもないぞ・・・
しかし待つ!!!ひたすら楽しみに待つぞォオ!!!
スポンサーサイト

機巧童子ULTIMO 第11幕 感想

機巧童子ULTIMO 第11幕 『終ノ始』

『決まってる
僕と君が結婚すればいいんだ大和君』


・・・・・・暴走しすぎだァ~~~~!!!!
少年誌やぞォ!!!武井先生~~~!!!だがそれが良い!!!

いきなり大和にプロポーズをするルネ・・・
スタン・リーはこの展開にゴーサインだしたのかなァ・・・汗
完全に武井ワールドに掌握されている気が・・・

そして、ルネの覚悟。

『出来るさ
勝負を決めるのは法律でも能力でもない、気持ちだからね』


このセリフはシャーマンキングに通じるものがありますね。
あちらでは"気持ち"は"心"に置き換えていましたが。まぁ同義でしょう。

大和VS.ルネを傍観しているのは、ダンスタン博士、そして謎の童子"ミリュー"。
善でも悪でもない第三者。"中庸"の名を冠する機巧童子。
中庸という言葉もシャーマンキング譲りだなァ~~~サティを思い出すよ。

『ついに私の求めた究極の答えが解る時が来たのだよ』

ドアップで映るダンスタンのガンメン。
二人の戦いが世界を揺るがす童子による大戦"百機回向"を引き起こす引き金となるらしい・・・

ダンスタンら以外にも二人の戦いを眺める者たちがいた。
それは善の童子の筆頭集団"六波羅蜜"とその殿"善童子クラブ"。
ああ・・・パルドネ・・・ww
そういえば既存のキャラなのに登場キャラに名前・年齢が振られているのは何故??
新規の読者への配慮??
と思ったら"大泉係長"に爆笑ww
なんでこのおっさんだけ"係長"って付いてんだよ!!他の奴は名前だけだろうが!!!
その後の"村山君"にも吹いたww
なんか小ネタ?まで一々ツボを付いてきやがるなぁ・・・

そして今回一番のツボは、
係長の童子"セルヴィス"。
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・たまおォ~~~~!!!!
修験の極みじゃァ~~~~~~!!!!
いやもうこれ完全に確信犯だろ・・・後ろ髪のハネ方が100%たまおだもの。
マンキン読んでて良かったww

そして大和VS.ルネ。
大和の心をのぞき見るルネ。

『君の頭の中ったら狭山狭山狭山狭山!
主にに狭山だらけじゃないか!こんなのもう消してやるしかない
君を殺して僕も死ぬしかこの気持ちを消すことは出来ない!!!』


嫉妬むき出しだなァ・・・ルネ。。

時空操作でジェラスの背後を狙うが心を読まれ逆にカウンターを食らってしまうウルティモ。
形勢はルネ・ジェラス側の圧倒的優位に!!!

しかしまだ「善」は負けない。
善の童子"ソピア"曰く、

『「善」の童子にとって真の勝利は敵の心を砕くことにあるんだ
愛をもって戦うかぎり例え死んでも「善」は負けない』


愛とは、善とは・・・
ルネは大和の心を読みその片鱗に触れる

『どうして君の心の中は僕にそんなに優しくしてくれるのさ!』

しかしその刹那、ジェラスの体は何者かによって裂かれる・・・!!!!

その正体は、悪童子総長"バイス"!!!!
総長て!!どこの組合のもんじゃ!!ww

ルネを蹂躙され怒り心頭の大和!!!
バイスも真っ向勝負の姿勢!!!

それに危機を悟ったのはエコさん!!!
どうやらここでの彼らの戦いによって時空のひずみを起因とする大規模天変地異が発生するらしい!!!
それを阻止せんとレグラと共に出陣!!!

急展開だぜ!!!

機巧童子ULTIMO 第10幕 感想

機巧童子ULTIMO 第10幕 『おのこのこ心中』

あいっかわらずの作者暴走で腹筋崩壊ww
なんなんだこれは・・・少年誌だってことを綺麗さっぱり忘れてるだろ。ネタがギリギリ過ぎるww

前半は過去、Kの前世"骨壺帝"とルネの前世"月光の君"の話。
もうこれが大爆笑。
まさかKの前世が皇帝だったとは・・・!!笑
なのに名前紹介で横に「無職」とか書かれてるし!!!いや皇帝だから!!笑
そしてK初登場時の印象的なセリフ『クソヤベェ』に被せての『くそやばし』ww
いや使わねェだろこんな言葉!!
しかもそれに対する月光の君の返しが『いときもし』・・・www
この作者はどこまで私のツボを抑えていやがるんだ!!!!

もう作者大暴走だよ・・・汗

どうやら月光の君は骨壺帝に見初められて結婚をするという談らしい。
そして・・・初夜。月光の君に跳びかかる帝!!その姿のキモさったらない。。
しかし図らずもそれを阻止したのは大和!!!貴族を成敗する為参上したのだ。
この時点で月光の君は大和に惚れたみたいね。

貴族を成敗し、都を後にする大和達。しかし大和の馬には月光の君の姿が。
どうやら惚れた勢いで付いてきちゃったみたい。
それが面白くないのかウルの眼がキツイ・・・ww嫉妬するウル!!ああ・・・ヤバッww

後半は現世に戻り、ウル&大和VS.ジェラス&ルネ。
ここからが作者のフルスロットル。
もうここでは書けません。
18禁すれすれじゃないのかなァ・・・コレ。。
まさかBL路線になるとは作品が始まった時に誰が想像しただろうか・・・
この模様を知りたい方は実際にジャンプSQを読んでみてね!!!

そして最後に六波羅蜜全員集合で次回!!!これは楽しみだァ~~~~!!!!

機巧童子ULTIMO 第9幕 感想

機巧童子ULTIMO 第9幕 『契ノ儀』

何ヶ月もの間、その名こそ度々耳にしましたがその内容はひた隠しにされてきた"契り"。
遂に今月、その"契り"の内容が・・・!!!

っ・・っ・・・!!?
・・・・・・・!!!!!・・・ってオイィィィイ!!!!

これはマズいだろう!!!?少年誌でそんな・・・!!キャッ
武井先生の変態っぷりが際立ってきたなァ・・・汗
まぁこれが良いんだけども笑

ウルティモと"契り"を交わし、真の主従関係を取り戻した大和。
"契り"の回想を経て、前回の続き。

VS."暴食のエデレ"!!!!!

なんかもう・・・スケールが・・・
ただでさえ巨体のエデレと、大和との合体で巨大化した"神童(ゴッドウルティモ)"・・・
校庭でやるバトルじゃねェよ・・・
しかもエデレの攻撃をあっという間に時空操作で退けるウル・・・
時空操作て・・・チートもいいとこだぞww
ウルの足元にも及ばないエデレは逃走を図るが時空操作で軽く捕まってしまう・・・

そこで、ルネとジェラスが横槍。
ジェラスの蜘蛛の糸で縛られているクラスメイト・・・
時空操作で何かしようとすればクラスメイトを絞め殺すと脅迫。
絞められている時の狭山さん達がエロすぎる・・・ww
特にひばり!!お前そんなに胸あったっけ!!?

しかし何故ルネがジェラスと共に大和の敵に回るのか・・・
それにはルネの悲しき嫉妬の念が関わっていた・・・
なんとルネは前世で大和と結ばれた少女"月光の君"だったのだ・・・・・・!!!マジィ!?

『それなのに君は狭山狭山狭山狭山
まったく しっとせざるをえない』


うんうん。そりゃあルネも嫉妬するよなぁ。
前世で結ばれた筈の相手が自分などに見向きもせずに狭山狭山狭山狭山だもん。
・・・・・・ん?ルネ、お前男だよね。
・・・・・・・・・・これが武井クオリティ。。他の漫画家じゃあ少年誌でまず描けないことをサラッと描いてしまう・・・

そしてルネもジェラスと合体。
ああ・・・カッコイイ。
次回はウルVS.ジェラス!!?

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

x-FAKE

Author:x-FAKE
直感で『コレだ!』と感じたモノを気ままにご紹介。
訪問してくださった皆様の意見・感想も聞きたいので出来ればコメントよろしくですノシ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
漫画 (12)
少年誌 (34)
ONE PIECE (17)
ハヤテのごとく! (6)
機巧童子ULTIMO (4)
タッコク!!! (7)
ゲーム (8)
ゲーム攻略記 (24)
TOV (10)
PSP (3)
P3P (11)
小説 (1)
音楽 (4)
映画 (0)

フリーエリア

バナー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。